トップページ >  人気のオーガニックシャンプー >  ハーブガーデン

ハーブガーデンシャンプーは脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい?口コミ調査

頭皮湿疹って、良くなったり悪くなったりで悩ましいですよね。

脂漏性皮膚炎や頭皮にきびは、かゆみやフケも出るしイライラします。

市販のシャンプーで頭皮に湿疹ができたり、かゆみが出たりする人にいいといわれるのが「ハーブガーデンシャンプー」。
本当に脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹が改善されるのか、

・ハーブガーデンシャンプーの脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹の口コミ

・ハーブガーデンシャンプーの脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹にいい成分の有無


を調べて、本当の実力を徹底調査しました。
自分の頭皮に合うのか、合わないのかがよくわかりますよ。

ハーブガーデンシャンプー



ハーブガーデンシャンプーの脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹の口コミはどんなの?

ハーブガーデン シャンプーは脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹にいいのか、口コミはネットではどうでしょうか?
Twitterのつぶやき、楽天、アマゾン、アットコスメなどのSNSや口コミサイトを調査してまとめてみました。


40代 jiさん
私の頭皮湿疹ができやすい、...
私の頭皮湿疹ができやすく、脂漏性皮膚炎ができることもあって、困っていました。いろいろなシャンプーを試しましたが、これが一番湿疹ができないみたい。 脂漏性皮膚炎予防の他、きれいな髪や抜け毛を防ぐためにリピートします。

30代 iuさん
思春期の息子が頭皮湿疹の対...
頭皮湿疹ができやすい思春期の息子が頭皮湿疹の対策として使っています。頭皮湿疹ができやすいのですが、頭皮湿疹が少なくなったと喜んでいます。 使用感も悪くなく、髪もサラサラでよくまとまるそうです。とても好印象でつかっています。

40代 jiさん
どんなシャンプーを使っても...
どんなシャンプーを使っても、市販のシャンプーでは頭皮に湿疹ができて、かゆみもでてしまっていました。市販よりは少し高価だけど 皮膚科にかかるより安いと思って、思い切ってつかってみたら、湿疹もかゆみも出ず、頭皮のボツボツも落ち着いてきました。 私には大変ありがたいシャンプーです。

30代 ijさん
オーガニックシャンプ...
オーガニックシャンプーなのに泡立ちもよく、気に入っています。髪はパサパサ、頭皮はベタベタしやすかったのが、 髪も頭皮も落ち着いてきたようです。 髪の艶も以前よりよくなったと実感しています。私には合っていました。

20代 aiさん
市販の安いシャンプー...
市販の安いシャンプーの洗い上がりの方が、ツルツルして好きですが、頭皮にきびができないように使っています。 でも、コンディショナーを使うから、洗い上がりは結局、気にならなくなりました。 頭皮のコンディションがこのまま安定してくれるといいな。

ハーブガーデン シャンプー の脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹の口コミまとめ

「ハーブガーデン シャンプー」の口コミの全体をみると、頭皮湿疹の口コミは全体の1割程度で、期待している中では少数派のようです。

頭皮湿疹の口コミ件数はそれほど多くはありませんが、よくなったという良い意見は多く、ひどく中傷するような悪い口コミは全く見当たりませんでした。

良い意見をみると、頭皮湿疹が出なくなったといういう直接的な感想か、頭皮のコンディションがよくなったという間接的な感想に分かれました。

良い口コミは、頭皮以外の感想として「艶が出た」「髪がよくまとまるようになった」「フケなどのトラブルが改善した」という声が見受けられました。

逆に、悪い口コミは少数でしたが、使用感や洗い上がりについては、髪がパサつくというレビューが寄られていました。 シャンプーの洗い上がりは、セットのコンディショナーを使えば、全然気にならなくなるようです。

やはり使用感には個人差があるようですが、共通していえるのは、頭皮の改善には、何ヶ月かかかるということです。
何ヶ月か使用し続けた人は、ほぼ頭皮の改善になんらかの実感をしているようですね。

時間をかけてでもいいという方、頭皮にいいシャンプー選びで困っていらっしゃる方は、 口コミ全体としての評価はとても良いので、試す価値はあると思います。

頭皮湿疹の基本の対策と注意点

頭皮湿疹とは、ご存知のとおり、頭部や髪の生え際などにみられる湿疹のことです。

まず、こんな状態に思い当たる点があったら、頭皮湿疹です。

・赤い炎症を起こしている

・ブツブツとした湿疹がある

・めくれた頭皮がすぐにはがれ落ちる


原因は、カラーリング剤、汗によるかぶれ、空気の乾燥、シャンプーが悪い、ストレスなど、さまざまです。

空気の乾燥、汗、ストレスなどなかなか対処のしにくい原因は対策も難しくよくなるまで時間がかかりますが、 カラーリング剤やシャンプーが原因の場合は、自分にあったものに変えるとすぐによくなる傾向があります。

頭皮湿疹・頭皮のニキビの対策の注意点

頭皮は、普段、髪に隠れているので、赤いブツブツが出来ている状態でも意外と自覚がありません。

自覚するのは、ブツブツがかゆくなって、頭皮をかきむしったり、その結果頭皮が傷ついて痛みが出たときです。

頭皮湿疹は、顔や手にできる湿疹とは違って、目に見えない分「発見が遅れる傾向」があります。 頭皮湿疹は、予防が何より大事なわけです。

カラーリング剤やシャンプーなど外部要因が原因の場合は、それを変えればすぐに治せますが、 他の原因の場合は、「とにかく頭皮を保湿して、清潔に保つこと」が共通した予防対策となります。

脂漏性皮膚炎の原因と基本の予防対策


脂漏性皮膚炎って?いつ出やすいの?

脂漏性皮膚炎は、頭皮湿疹の1つです。
脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌されることで、カビの一種のマラセチア菌が異常繁殖してしまい、頭皮炎症ができてしまうことです。

平たく言うと、「皮脂が多く出すぎて、カビが増えすぎてしまう症状」です。

ホルモンバランスが崩れて、皮脂が出すぎることがきっかけです。 男性のほうがやや多いですが、女性もホルモンバランスの影響で、脂漏性皮膚炎になることが多いです。

wikipediaの脂漏性湿疹のページをみると、
"皮脂分泌量は思春期が最大であるが脂漏性湿疹は、10年程度遅れて発症してくる"
と書かれています。つまり、「20代半ばから発症するケースが多い」ようですね。

悪化させる要因は、「皮脂過剰」の他にも
"表皮の血流が乾燥、低温、紫外線、ストレス"
とあります。

これらの要因をカバーすることが予防対策になります。

脂漏性皮膚炎の予防対策

ひどい脂漏性皮膚炎の場合、皮膚科にかかるとステロイド剤と抗真菌剤が渡されます。 カビ菌を殺して、頭皮のコンディションをよくするだけです。

皮膚科の処方は、急な対応にはよいですが、抜本的な改善策にはなりません。
例えると、車のエンジンが故障して熱をもっているときに、エンジンに冷水をかけるのと同じ。 エンジンの熱を一時的に冷ますのではなく、故障自体を直す必要があります。

脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹の抜本的な改善策は、「原因の予防」です。

脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹の基本対策は、ストレス対策は当然として、

・皮脂過剰を抑える

・頭皮の乾燥をさける

・頭皮を低温や紫外線などの強い刺激を与えすぎない


の3点になります。

3つ目は、シャンプーやスタイリング剤などのヘアケア用品の刺激もふくまれます。
ラウレス硫酸などの石油系洗浄剤が刺激的すぎて、脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹になりやすいのは有名ですよね。

脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいいシャンプーの選び方

シャンプーなど


脂漏性皮膚炎などの頭皮湿疹の基本対策は、

・皮脂過剰を抑える
・頭皮の乾燥をさける
・頭皮に強い刺激を与えすぎない
でした。

これは、シャンプーで予防できます。

次の3つのポイントが、脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいいシャンプーの選び方になります。

皮脂過剰を抑える⇒「皮脂を抑制する成分」が入っているシャンプーを選ぶ

皮脂過剰を抑えるためには、「皮脂を抑制する成分」は配合されているシャンプーを選んでください。

皮脂が抑制されると、脂漏性皮膚炎の症状はだんだん落ち着いてきます。
育毛剤をお持ちの方は、皮脂を抑制する成分が含まれている場合は代替が可能です。

頭皮の乾燥をさける⇒「頭皮を保湿する成分」が豊富なシャンプーを選ぶ

頭皮の乾燥をさけるためには、皮脂を抑制する成分が配合されているシャンプーを選んでください。

頭皮の乾燥は、脂漏性皮膚炎はもちろん、頭皮湿疹にも大敵です。 育毛剤をお持ちの方は、保湿成分は含まれているので代替が可能です。

頭皮に強い刺激を与えない⇒「洗浄成分が優しい成分」のシャンプーを選ぶ

頭皮に強い刺激を与えないためには、洗浄成分が優しい成分のシャンプーを選んでください。

ただし、注意しなければいけないのは、洗浄成分が優しくても、しっかり皮脂の汚れが落ちるシャンプーを選ぶこと!

アミノ酸シャンプーなどは洗浄成分が優しいですが、洗浄力が弱いものばかりなので、皮脂が残って脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹の原因になります。

よくシャンプーは皮脂を残したほうがいいといわれますが、脂漏性皮膚炎に限っては、しっかりと皮脂汚れを取ることをおすすめします。 普通にシャンプーするくらいでは、皮脂の取り過ぎがずっと続くなんて状態はまず起こりません。



脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい「育毛成分」がハーブガーデンに入っているか調査!

シャンプーに含まれる脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい「育毛成分」って?

シャンプーなどのヘアケア商品の育毛成分は、10種類の効能に分けられます。
育毛目的の1つ1つの成分は、その中でも10種類の効能のどれかに当てはまるということですね。

10種類というのは、『男性ホルモン抑制剤、抹消血管拡張剤、栄養補給剤、抗脂漏剤、保湿剤、消炎剤、頭皮代謝活性化剤、抗菌剤、角質溶解剤、抗酸化剤』。

この中で、特に、脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい効能成分は、その原因から「抗脂漏剤」「保湿剤」「消炎剤」「抗菌剤」が重要です。

もちろん、その他の頭皮の代謝や改善などの効能成分が含まれていたほうが頭皮にいいのは確かです。

抗脂漏剤

皮脂の過剰な分泌を抑制する役割がある成分です。脂漏性皮膚炎の直接的な原因は、皮脂過剰なので、抗脂漏剤が脂漏性皮膚炎予防につながります。

保湿剤

頭皮の水分を保持します。シャンプーで洗ったタイミングは、頭皮に成分が浸透しやすいので意外と軽視されがちです。
脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹も、乾燥が大きな原因の一つなので、保湿は重要です。育毛剤でも、この役割はカバーできます。

消炎剤

頭皮湿疹などの肌荒れを抑えます。肌の炎症を抑えるほか、フケやかゆみを予防します。植物エキスに多い効能です。

抗菌剤

皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する役割があります。
脂漏性皮膚炎は、マセラセラ菌というカビ菌が原因ですから、頭皮の抗菌が予防になるわけです。

ハーブガーデンの脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい「育毛成分」を成分チェック

ハーブガーデンシャンプーには、育毛効能を満たす成分がとても多く含まれています。

そもそも不要な男性ホルモン抑制剤は、男性用育毛剤によく含まれていて、男性ホルモンがそもそも少ない女性の場合は不要です。

ハーブガーデンシャンプーは、シャンプーでは珍しく育毛ための効能成分がバランスよく配分されています。

育毛効果のある成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
男性ホルモン抑制剤 脱毛の原因をブロック
抹消血管拡張剤 頭皮の血行促進 センブリエキス、アルニカ花エキス、ゴボウ根エキス、ローマカミツレ花エキス
栄養補給剤 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給 フムスエキス(フルボ酸)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、セリシン
抗脂漏剤 皮脂分泌を抑制する フムスエキス(フルボ酸)
保湿剤 頭皮の水分保持 ユチャ油、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、ヒアルロン酸Na、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス
消炎剤 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 サクラ葉エキス、アロエベラ葉エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化 セイヨウアカマツ球果エキス
抗菌・殺菌剤 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する フムスエキス(フルボ酸)、サンショウ果実エキス、スイカズラ花エキス、ニンニクエキス
角質溶解剤 角質を膨潤させてフケを予防する ユチャ油
抗酸化剤 毛穴の酸化、活性酸素を抑制 フムスエキス(フルボ酸)


ハーブガーデンシャンプーの抗脂漏剤

ハーブガーデンシャンプーには、抗脂漏の役割として、フムスエキスが含まれています。

抗脂漏剤の注目成分は、フムスエキス(フルボ酸)です。
16種のミネラル、20種のアミノ酸、7種のビタミンが水に溶けやすい状態で結合されていて、 そのうちビタミンB6やビタミンCは皮脂過剰を抑えてくれます。多くのアミノ酸も頭皮コンディション改善には欠かせません。

ハーブガーデンシャンプーの保湿剤

ハーブガーデンシャンプーには、保湿成分は10以上と豊富に含まれています。

保湿剤の注目成分は、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)です。
旭化成ケミカルズの特許成分で、セラミドを改良したものです。 改良されたセラミドの保湿力で髪や頭皮を保湿します。

ハーブガーデンシャンプーの消炎剤

ハーブガーデンシャンプーには、消炎成分は10以上と豊富に含まれています。

消炎剤でよく知られているのは、アロエベラ葉エキスです。
昔から、アロエを肌に塗ると美白効果や火傷などの傷を治す効果があるとされていますよね。

ハーブガーデンシャンプーの抗菌剤

ハーブガーデンシャンプーには、抗菌成分もしっかり含まれています。
ニンニクエキスのにんにくの中には、抗菌の有効成分であるアリシンが含まれています。 アリシンの抗菌力はウィルスやさまざまな菌(コレラ菌、サルモネラ菌など)の病原菌を殺菌したり抑制したりしてくれます。

脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい「洗浄成分」がハーブガーデンに入っているか調査!


シャンプーに含まれる脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい「洗浄成分」って?

脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい洗浄成分というのは、

・頭皮に低刺激であること

・低刺激でも洗浄力が適度にあって、皮脂汚れがしっかりとれること

の2点が大事です。

一般的に、成分の良いオーガニックシャンプーの弱点は、洗浄力が弱いことです。

しかし、ハーブガーデンの洗浄成分は、アミノ酸系ですが、適度な洗浄力もあるのが特徴です。

ハーブガーデンの洗浄成分には、「ラウロイルメチルアラニンNa」が配合されているからです。 ラウロイルメチルアラニンNaは、高価であるものの、アミノ酸系界面活性剤の中では、数少ないしっかりとした洗浄力があります。

ハーブガーデンの脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい「洗浄成分」を成分チェック


洗浄効果のある成分
成分の種類 働き 商品中の配合成分 働きの効果
洗浄剤 頭皮の汚れを洗浄する ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ヤシ油(V.C.O)
アミノ酸系洗浄剤・植物由来洗浄剤


ハーブガーデンシャンプーに含まれる脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹にいい洗浄成分を上げます。

ラウロイルメチルアラニンNa
低刺激なのに、洗浄力もしっかり持つアミノ酸系の洗浄剤。高価な成分ですが、高洗浄力という貴重な役割を持ちます。

ココイルグルタミン酸
肌に優しい洗浄剤でよく低刺激シャンプーの定番です。低刺激ですが、洗浄力も低い。

ヤシ油(V.C.O)
いわゆるココナッツオイルです。よく洗浄に使われる頭皮に優しい成分です。

脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹に「悪い成分」がハーブガーデンに入っていないか調査!


シャンプーに含まれる脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹に「悪い成分」って?

脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹に「悪い成分」とは、

・刺激的な界面活性剤(洗浄成分)

・刺激性の強い添加物

の2種類です。

オーガニックシャンプーでも海外産の場合は、意外と上記成分が含まれていることもあるので注意が必要です。

刺激的な界面活性剤(洗浄成分)
石油系界面活性剤、カチオン界面活性剤

刺激性の強い添加物
合成香料、着色料、保存料、防腐剤、シリコンなど

ハーブガーデンの脂漏性皮膚炎や頭皮湿疹に「悪い成分」が入っていないか調査!


頭皮に悪い成分
成分の種類 商品中の配合成分 毒性の説明
なし


ハーブガーデンシャンプーの成分には、 石油系界面活性剤、カチオン界面活性剤、合成香料、着色料、保存料、防腐剤、シリコンなどの頭皮湿疹を悪化させる成分は 一切含まれていません。

ハーブガーデンシャンプーの成分は1つ1つ吟味されたものですので、安心して使うことができますね。

頭皮環境を改善するオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」



ハーブガーデンシャンプーの全成分

ハーブガーデンの全成分

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ヤシ油(V.C.O)、サクラ葉エキス、フムスエキス(フルボ酸)、ユチャ油(サザンカ油)、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、セリシン、ポリクオタニウムー10、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、香料(アロマ精油ブレンド)



ハーブガーデンシャンプーの成分の特徴まとめ

ハーブガーデンの洗浄成分・育毛成分ともに、非常に優秀

ハーブガーデンの洗浄成分・育毛成分ともに、非常に優秀 ハーブガーデンの洗浄成分は、洗浄力の高いメチルアラニン系と、コスパのいいベタイン系・ココイル系なので、最高の洗浄成分です。 頭皮を傷めてしまう石油系の合成界面活性剤も一切含まれておらず、天然由来の洗浄成分のみ使用していて、オーガニックをうたっているのは成分的にも納得です。
ハーブガーデンは、頭皮を傷めず、洗浄力もある非常に優秀な洗浄成分です。 また、26種類の天然植物成分が配合されていて、育毛成分も優れています。

育毛効果が高い希少成分までも配合

育毛の効能はほぼ全てをカバーしていて、髪と頭皮の育毛にもっともいい成分構成です。 さらに、育毛効果が高い希少成分までも配合しているのが他にない特徴です。
「ペリセア」という成分は、ダメージヘアを補修能力を強化したアミノ酸由来成分で、旭化成ケミカルズが開発した特許成分です。 また、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を豊富に含んだ海洋性天然成分「フムスエキス(フルボ酸)」や、補修力効果の高い天然母乳成分「バージンココナッツオイル」までも配合されています。

ノンシリコン・ノンパラベン・ノン石油系界面活性剤・ノン人工香料

オーガニックシャンプーとうたっているだけあって、成分表示をみればわかりますが、防腐剤、香料はもちろん 水でさえもオーガニックハーブティーを使用しています。 成分をここまで厳選したごだわりシャンプーは珍しいです。


ハーブガーデンシャンプーの成分は「とても良い」

育毛成分・・・   (10点満点)
洗浄成分・・・   (3点満点)
低刺激度・・・     (2点満点)

総合評価・・・(15点満点)


頭皮環境を改善するオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」



ハーブガーデンの商品詳細

ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンは、天然オーガニック成分を26種類も配合したオーガニックシャンプーです。 髪の汚れを流すだけで、頭皮も健やかに育てることをコンセプトにしたシャンプーで成分に徹底的にこだわっているのが特徴です。

ハーブガーデンをシャンプー(洗浄剤)として評価した場合、洗浄成分は非常に優秀です。 洗浄力の高いメチルアラニン系と、コスパのいいベタイン系・ココイル系なので、最高の洗浄成分です。 頭皮を傷めてしまう石油系の合成界面活性剤も一切含まれておらず、天然由来の洗浄成分のみ使用していて、オーガニックをうたっているのは成分的にも納得です。 ハーブガーデンは、頭皮を傷めず、洗浄力もある非常に優秀な洗浄成分です。

ハーブガーデンを育毛シャンプーとして評価した場合、育毛の効能はほぼ全てをカバーしていて、髪と頭皮の育毛にもっともいいです。 さらに、育毛効果が高い希少成分までも配合しているのが他にない特徴です。

「ペリセア」という成分は、ダメージヘアを補修能力を強化したアミノ酸由来成分で、旭化成ケミカルズが開発した特許成分ですが、育毛シャンプーに配合されているケースは珍しいです。 また、「フムスエキス(フルボ酸)」は、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を豊富に含んだ海洋性天然成分で、化粧品だと主力級クラスの成分です。
天然母乳成分といわれる「バージンココナッツオイル」は、髪や地肌の補修力効果に優れています。 他の育毛シャンプーにはない育毛効果が高い成分が配合されてているのがハーブガーデンの特徴です。

もちろん、ノンシリコン・ノンアルコール・ノンパラベン・ノン石油系界面活性剤・ノン人工香料です。 オーガニックシャンプーとうたっているだけあって、成分表示をみればわかりますが、防腐剤、香料はもちろん 水でさえもオーガニックハーブティーを使用しています。

ハーブガーデンは、アミノ酸シャンプー、ノンシリコンシャンプー、育毛シャンプーのどれをとってもNo1クラスといえるシャンプーです。 これまで数十個のシャンプーの成分をチェックしてきましたが、それなりのシャンプーばかりの中で、 ハーブガーデンは、成分構成的に理想的シャンプーといえます。 これまで髪を傷めてきた方、粗雑に扱ってきた方には、これを「一生モノのシャンプー」としてリスタートできるでしょう。

価格は1本4000円(300ml)とやや高めですが、公式サイトでのみ半額キャンペーンをやっている場合があるので、 ハーブガーデンの公式サイトで半額で買うのがもっともお得な方法です。
シャンプーとトリートメント(オーガニック処方)のセットも半額キャンペーンで購入できます。



価格 2000円(半額キャンペーン中)
4000円(通常価格)
内容量 300ml
特典 半額キャンペーンの場合
シャンプーとトリートメントのセット8000円→4000円
シャンプー単品、トリートメント単品でそれぞれ4000円→2000円


頭皮環境を改善するオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」















-------------------------------------------
公開日:2014/11/26
更新日:2018/06/07














オーガニックシャンプー!

多くのオーガニックシャンプーを成分分析しました!

ハーブガーデンを体験!

ハーブガーデンシャンプーは頭皮湿疹やニキビに効果なし?口コミの真実!

体験レポートはコチラ
haruシャンプーを体験!

haruシャンプーで頭皮の臭いは消える?口コミレビューを紹介します。

体験レポートはコチラ