トップページ >  人気のオーガニックシャンプー >  アロマキフィシャンプー

アロマキフィ ダメージケアシャンプーの成分を調査し、どのような効果があるか調べました!

アロマキフィ ダメージケアシャンプーの成分を
「洗浄成分」
「育毛成分」
「頭皮によくない成分」
に分けました。 アロマキフィ ダメージケアシャンプーの成分の詳細がわかります。

洗浄成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
アミノ酸洗浄成分のタイプ メチルアラニン系アミノ酸洗浄剤+ベタイン系アミノ酸洗浄剤
アミノ酸系成分 ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ベタイン
合成界面活性剤
(※アミノ酸系、植物由来の合成洗浄剤は除く)
なし

育毛成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
育毛成分 g-ドコサラクトン、PCA-Na、乳酸Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロパンジオール、レシチン、イソマルト、ダイズステロール

頭皮に良くない成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
シリコン ベヘントリモニウムクロリド(4級カチオンの柔軟剤)
パラベン なし

アロマキフィ ダメージケアシャンプーは「買い」

洗浄成分は高い評価!そのほかの観点でも良い評価。ただし、気になる点もある。

洗浄成分・・・   (5点満点)
育毛成分・・・   (2点満点)
悪い成分・・・   (2点満点)

総合評価・・・ (9点満点)


アロマキフィ ダメージケアシャンプーの成分の特徴

香りが楽しめるシャンプー

アロマキフィのダメージケアシャンプーは天然精油の香りを基調としたシャンプーです。植物由来のオイルが配合されており素敵な香りが楽しめそうです。

洗浄成分の評価はGOOD

洗浄成分はアミノ酸系の洗浄成分である、メチルアラニン系の成分とベタイン系の成分を配合しており非常に頭皮にやさしい成分の組み合わせで配合されています。この組み合わせは、保湿・洗浄能力ともに優れているもののコスト的な観点からほかの製品で行われることが比較的少ないようです。

刺激の強い成分

上記の成分評価表の「シリコン」の欄に記載されていた、ベヘントリモニウムクロリドは柔軟剤のような働きをする成分であり、実際にはシリコンの一種ではありません。しかし、この成分は比較的頭皮への刺激が強く、シャンプーなどに配合されることはあまりありません。この成分に関しては警戒したほうが良いかもしれません。



アロマキフィ ダメージケアシャンプーの商品詳細

アロマキフィ ダメージケアシャンプー
アミノ酸系の洗浄成分の配合を謳ったシャンプーの多くは実際には合成系の洗浄成分と併用している場合も多く、その場合合成系の成分が頭皮を 痛めてしまうことがあるので、お勧めできません。 その一方で、この製品は「しっかり洗える」アミノ酸系成分のみで配合されたシャンプーです。特に「メチルアラニン系」の成分が「洗浄能力」と「保湿力」の双方を兼ね備えており、普段の洗髪のなかで頭皮をより良い状態に導いてくれるでしょう

シリコンやパラベンは使用されておらず、その点でも優秀なシャンプーといえそうですが、一つ気になる成分があります。上記の成分評価表の「頭皮に良くない成分」の欄にある「ベヘントリモニウムクロリド」です。この成分は他社の製品の成分表ではなかなかないのですが、「頭皮への刺激が強い成分」と言われています。ほかの成分が全体的に総じて良いだけに、この成分が自分の頭皮に悪影響を及ぼさないか、心配されます。

全体的に良い商品ですが、一部成分が自分の肌に合うか注意して使う必要もありそうです。
価格 1500円(税抜)
内容量 500ml
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気10種類の中で、ベスト1のオーガニックシャンプーはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




オーガニックシャンプー!

多くのオーガニックシャンプーを成分分析しました!

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ