トップページ >  人気のオーガニックシャンプー >  ジョンマスタオーガニックシャンプ

ジョンマスターオーガニックシャンプーの成分を調査しどのような効果があるか調べました!

ジョンマスターオーガニックシャンプーの成分を
「洗浄成分」
「育毛成分」
「頭皮によくない成分」
に分けました。 ジョンマスターオーガニックシャンプーの成分の詳細がわかります。

洗浄成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
アミノ酸洗浄成分のタイプ 合成界面活性剤+ベタイン系アミノ酸洗浄剤
アミノ酸系成分 デシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na、ババスアミドプロピルベタイン
合成界面活性剤
(※アミノ酸系、植物由来の合成洗浄剤は除く)
デシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na

育毛成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
育毛成分 アマニ油、ルリジサ種子油、ヒマワリ油、ホホバ油、トコフェロール、コロイド性イオウ、コンフリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ラベンダー花エキス、ウルチカジオイカエキス、スギナエキス、セイヨウノコギリソウエキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ花エキス、スイカズラエキス

頭皮に良くない成分
項目 商品中の配合成分 成分の評価
シリコン なし
パラベン 安息香酸Na

ジョンマスターオーガニックシャンプーは「見送り」

洗浄成分が今一つ

洗浄成分・・・   (5点満点)
育毛成分・・・   (2点満点)
悪い成分・・・   (2点満点)

総合評価・・・ (9点満点)


ジョンマスターオーガニックシャンプーの成分の特徴

ブランドのこだわり

このシャンプーのブランドは地球環境保護や人体への影響を考慮し石油やカーボンベースの素材を使用せず、自然栽培された原料だけで製作するをいうこだわりを持っています。このほかにも地球・動物・人体への悪影響を排するあらゆる工夫とこだわりがなされているようです。詳しくはHPをチェックしてください。

植物由来の成分が頭皮を保湿

月見草油やカミツレ花エキスといった植物から抽出された成分が、頭皮を保湿する役割を担っているようです。そのほかにもラベンダーエキスや、ヒマワリ種子油など様々な植物由来の成分が含まれています。

合成系の洗浄成分が含まれる

実際に成分表を見てみると、洗浄成分としてデシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na など合成系の洗浄成分が含まれているようです。ただし配合量に関しては記載がないのでわかりません。



ジョンマスターオーガニックシャンプーの商品詳細

LTI002320897 ニューヨークで生まれたオーガニックブランド「ジョン・マスターズ・オーガニック」のラインナップの一つとして発売されているシャンプーです。
このブランドは製造方法、原料の選び方まで一貫して「人体」「環境」への影響を考慮して様々な工夫が行われています。配合成分には可能な限り、人工合成の成分を排除していることが謳われています。

しかし、洗浄成分には一部合成系の成分が使用されているようで、デシルグルコシド、ラウロアンホ酢酸Na、ラウリルスルホ酢酸Na の使用がされているようです。これらの成分は一部の方にとっては洗浄力が強すぎるかもしれず、注意が必要です。

しかし、植物由来の育毛効果を発揮する成分もバラエティーに富み、この点はオーガニックブランドらしい面を持ち合わせていると思います。

全体的には、悪くない成分配合のシャンプーですが、アミノ酸系の洗浄成分などにこだわったほかの商品とも比べてみるべきでしょう。
価格 1980円
内容量 60ml(S&Mスキャルプシャンプー)60ml(イブニングPシャンプー)60ml(C&Nデタングラー)
特典 初回限定オリジナルコットン巾着、送料無料、会員登録で500ポイントプレゼント


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気10種類の中で、ベスト1のオーガニックシャンプーはコレでした!一目でわかる成績表はこちら




オーガニックシャンプー!

多くのオーガニックシャンプーを成分分析しました!

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ