トップページ >  オーガニックシャンプーの豆知識 >  オーガニックにも悪い成分あり

オーガニックシャンプーにも悪い成分があるって本当?海外品に注意する理由

オーガニックシャンプーとは?

最近、よく耳にするオーガニックシャンプーは、髪や頭皮に優しいというイメージがありますね。 そもそもオーガニックとは、"有機栽培"という意味です。 有機栽培とは、化学肥料や農薬を使わず、有機肥料などを利用し、できるだけ土壌の良さを生かして栽培を行うものです。 ですから、一般的には農薬や科学肥料を使っていない植物を原料としているシャンプーのことを オーガニックシャンプーといいます。

香料や着色料、界面活性剤などを使用せず、天然成分を主成分としているので、 低刺激で保湿効果に優れ、安全性が高いと言われています。 そのため、皮膚が弱い人や敏感肌の人、アレルギーのある人におすすめです。

ただし、オーガニックシャンプーだからとすべてを信じるのは危険です。 現在のところ、オーガニックに関する基準はありますが、オーガニックシャンプーに関する基準はありません。 オーガニックシャンプーという名前を付けるかどうかは、メーカー側の判断に任せられているのが現状なのです。 ですから、中には、有機栽培の成分をほんの少し配合しているだけでも 堂々と「オーガニックシャンプー」と名乗っているものも少なくないのです。 特に海外製のものは、日本製よりも刺激が強かったり、洗浄力が強いものが多いので注意が必要です。

名前だけでオーガニックだからよい、違うからダメと言うのではなく、 きちんと成分を確認し、それぞれの効能や作用なども理解した上で選ぶとよいでしょう。

オーガニックの定義があいまいって?

オーガニックとは日本語では「有機栽培」のことで、身体によさそうなイメージがありますね。 有機栽培とは、化学肥料や化学合成農薬などを一切使わず、有機肥料で栽培する方法です。 身体だけではなく、環境にも優しい栽培方法として知られています。

日本ではオーガニックの定義はある程度定められており、たとえば、3年間農薬や化学肥料を 使用していない土地での栽培だったり、合成添加物の使用を制限したりなど、いくつかの基準を満たしていることが条件です。 そして、それらのオーガニック植物を原料として作られたシャンプーがオーガニックシャンプーなのです。

けれども、現在のところ、オーガニックシャンプーに関するはっきりとした定義は決められていません。 ですから、各メーカーからこぞってオーガニックシャンプーを発売していますが、実はその定義はあいまいなのが現状です。 本来なら、オーガニックシャンプーは、天然由来の成分を主成分としているため、低刺激で頭皮や髪に優しいものなのですが、 中にはオーガニックシャンプーと謳っている商品であっても、あまりおすすめできないものもあります。 ごく少量の天然成分を配合しているだけで、強い洗浄剤を配合しているものもあるので注意が必要です。

もちろん、洗浄成分も植物由来のものを使い、低刺激や優しさを研究しているメーカーもあります。 つまり、定義があいまいなものだからこそ、名前だけで判断せず、 しっかりと成分まで確認することがとても大切だといえますね。

オーガニックにも悪い成分あり

オーガニックというと体に優しいというイメージから、オーガニックシャンプーと名前がついているものには 悪い成分が入っていないと勝手に思いこんでいる人は少なくないようです。 もちろん、天然成分が主成分であれば、髪や頭皮だけではなく、環境にも優しいことが期待できますが、 シャンプーは汚れを落とすことを目的としているため、オーガニックの成分だけではその機能を出せません。

そこで、どうしても界面活性剤を配合する必要が出てくるのですが、 この界面活性剤に石油系のものを使っている場合は大変危険かもしれません。 界面活性剤は、シャンプーを泡立てたり、汚れを落とす効果が期待できますが、 特に石油系のものは、刺激が強すぎて、頭皮にダメージを与えることもあるのです。 アレルギー体質の人や敏感肌の人ならなおさら、頭皮の乾燥や炎症を起こし、 頭皮環境を悪くしてしまうこともあるようです。

また、防腐剤ににも注意が必要だといえます。 パラベン系が有名ですが、これは、石油系の合成防腐剤で抗菌効果は強いのですが、 やはり刺激が強いところがデメリットです。 ですから、オーガニックシャンプーを選ぶ時には、主成分を確認するのはもちろんですが、 界面活性剤や防腐剤も天然成分か使われているものを選ぶと安心でしょう。

ただし、天然のものはコストがかかるため、オーガニックを主成分として、 界面活性剤や防腐剤も天然成分となると、どうしても価格が上がってしまうようですね。 そのため、メーカー側もあまりよくない成分とわかっていても、価格が安い石油系の界面活性剤や防腐剤を 使わざるを得ないというケースも多いのです。

オーガニックは海外品が多い理由

健康志向が強まったことでオーガニック製品は大変注目を集めています。 食品を始め、身につけるものまで今ではその市場規模は急成長を見せているのです。 そんな中、オーガニックシャンプーも例外ではなく、メーカー側もこぞって新商品を発売し、 それに飛びつく消費者も増加しています。 確かに今や、ドラッグストアやコスメショップにはたくさんのオーガニックシャンプーが並んでいますね。

けれども、それらの商品を見て1つ気付くことがあるはずです。 それは、海外製のものが多いということです。 その理由としては、日本に比べて、アメリカなどの先進国はオーガニックの歴史が長いことや、 扱っている企業は外資系が多いことなどが考えられます。 ですから、アメリカやフランスではシャンプーだけではなく、あらゆるものにオーガニック製品を取り入れているのです。

ただし、海外製のオーガニックシャンプーを選ぶ時には注意が必要です。 なぜなら海外の水はカルシウムが多いため、強力な洗浄剤を使わなければうまく泡立たないからです。 多くの場合、オーガニックを訴求するためにヤシ油などから抽出した石鹸系の成分を使用していますが、 これは大変アルカリ度が高いので、キューティクルが剥がれて、大切なうるおいが流れ出てしまうのです。

また、外国人に比べて日本人の髪やお肌は繊細ですから、海外製のものをそのまま使うと さまざまなトラブルを招くことも多いようですね。 選ぶ時には成分までチェックして、洗浄剤や界面活性剤も天然素材を使っているものがおすすめです。

人気40種類の「オーガニックシャンプー」の全成分を鑑定しました。比較表はこちら




オーガニックシャンプー!

多くのオーガニックシャンプーを成分分析しました!

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ