トップページ >  オーガニックシャンプーの成分 >  パラベン・防腐剤とは?

オーガニックシャンプーに含まれるパラベン・防腐剤とは?

パラベンとは、シャンプーや化粧品に含まれる防腐剤の一種です。
お風呂場に長期間放置されるシャンプーは非常に腐りやすいため、防腐処理は必須になります。ただ強い防腐剤は、皮膚に必要な常駐微生物まで殺してしまいます。また、敏感肌の人は炎症を起こす場合もあります。
しかし近年では、長年の研究開発によりパラベンの安全性が高くなっています。大量に使用されている場合や、敏感肌でない限り、大きな心配は必要ないといえます。

メチルイソチアゾリノン
メチルクロロイソチアゾリノンと表示されることもあります。この成分には、強い殺菌性があります。そのぶん刺激も強く、肌に残った場合に肌荒れを起こしやすいといわれています。

メチルパラベン
最近使用されるようになった、刺激性の低いパラベンです。毒性も低いため、食品保存にも使われています。

ソルビン酸カリウム
ソルビン酸Kと表示されていることもあります。食品添加物としても広く知られている成分です。

このように、防腐剤(パラベン)=すべて悪というわけではありません。むしろ、防腐効果のある成分が一切入っていないほうが危険です。
しかし、肌への刺激が強い防腐剤が存在していることも事実。静菌性と安全性を兼ね備えた防腐剤が入っているシャンプーを選びましょう。



代表的な防腐剤

ソルビン酸K、イソプロパノール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、ソイアミドプロパルコニウムクロリド、ラクタミドプロピルトリモニウムクロリドビン酸K、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン







オーガニックシャンプー!

多くのオーガニックシャンプーを成分分析しました!

ハーブガーデンを体験!

人気のハーブガーデンを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ